チェルシー 注目選手

アンドレアス・クリステンセンのプレースタイルを徹底解説!

チェルシーアカデミー期待の星であるアンドレアス・クリステンセン。

レンタルの経験を経て、より完成されたCBとなったクリステンセンの経歴やプレースタイルを徹底解説する。

 

本記事のテーマ

    チェルシーアカデミー期待の星!アンドレアス・クリステンセンについて徹底解説!

 

この記事はこんな疑問を持つ人にオススメ!

  • アンドレアス・クリステンセンにってどんな選手?
  • アンドレアス・クリステンセンにのプレースタイルを知りたい
  • アンドレアス・クリステンセンにの今後は?

 

アンドレアス・クリステンセンにのプレーを見るには?

アンドレアス・クリステンセンにがプレーするプレミアリーグは現在DAZNの独占配信となっている。


その他のチャンネルでは視聴することが出来ないので要注意だ。


DAZNは初月無料で2ヶ月目以降は月額1,925円。


約2千円でプレミアだけでなく、セリアAやリーガなども見放題となっているお得なプランだ。


是非この機会に、DAZNに加入しよう!


DAZN

\TRY NOW!/

 

 

アンドレアス・クリステンセンにのプロフィール

    生年月日 : 1996年4月10日
    出身   : デンマーク リレレード出身
    身長   : 187cm
    体重   : 78kg
    ポジション : DF
    所属   : チェルシー
    代表歴  : デンマーク代表

 

クリステンセンの父親はブレンビーIFでGKとして活躍していた。

幼少期には父親がゴールマウスを守り、クリステンセンがゴールに向かってシュートを打つという練習を繰り返し行っていた。

そのため少年時代のポジションはストライカーとしてプレーしていた。

ドリブルを駆使してシュートまで持ち運びことが好きで、クリステンセンの足元のスキルが評価されているのもこのときの経験が活きている。

 

 

ユース時代

元プロサッカー選手でGKを務めていた父親の下生まれたクリステンセンは、すぐに兄とボールを蹴るようになった。

間もなく父親の古巣であるブレンビーIFのアカデミーに加入すると、すぐに主力としてプレー

この頃にはCBではなく、ストライカーやWG、SBの位置でプレーしていたようだ。

ブレンビーIFではFAユースカップやUEFAユースリーグの優勝を経験している

ブレンビーIFアカデミーで約8年間プレーすると、アーセナルやチェルシー、マンチェスター・シティ、バイエルンなど国外のビッグクラブから関心がよされるほどに成長した。

そして2012年にチェルシーアカデミーに移籍することが発表された。

チェルシーを選んだ理由としてクリステンセンは「自分の好きなサッカーをしていたから」と後のインタビューで答えている。

2012年にチェルシーアカデミーに移籍するとすぐに主力として活躍。

ユースでの活躍はトップチームでも注目され、2012-13シーズンの最終節にはトップチームのメンバーに名を連ねた。

2013-14シーズン開幕前のプレシーズンマッチでは、トップチームに帯同しその後チェルシーとプロ契約を結んだ。

 

第1期チェルシー時代

2013年にプロ契約を結んだものの、しばらくはユースチームとプロチームを行き来する日々が続いた

プロ初出場となったのは2014年の国内カップ戦・シュルーズベリー・タウンFC戦であり、右サイドバックとしてフル出場を果たした。

この試合のプレーを当時の指揮官であったジョゼ・モウリーニョは高く評価しており、シーズンMVPはクリステンセンだと冗談交じりに発言している。

2014-15シーズンはカップ戦2試合とリーグ戦1試合の出場のみであったが、ジョゼ・モウリーニョの計らいで優勝メダルを手にしている。

モウリーニョ監督から高い評価を得ているものの、厚い選手層に割って入ることができず、2015年にボルシアMGへレンタル移籍することが発表された。

 

ボルシアMG(レンタル)時代

2015年にボルシアMGに1年もしくは2年間のレンタルが発表差sれた。

加入後すぐレギュラーに定着するとシーズン終了後にはクラブの最優秀選手に選出されるほどの活躍を見せた。

ボルシアMG側はこの活躍を受け、チェルシー側に完全移籍での獲得を打診したが、チェルシーがこのオファーを拒否

翌2016-17シーズンもボルシアMGでプレーをし、その後チェルシーへ戻ることとなった。 

 

第2期チェルシー時代

チェルシーへレンタルバックすると、当時チェルシーを指揮していたコンテ監督によりトップチームの構想に組み込まれた。

2017-18シーズンにはレギュラーとして活躍し、27試合に出場。

しかし2018-19シーズンにはコンテからサッリへ監督が変更されると、出場機会が激減。

シーズン8試合の出場に留まると、移籍の噂まで出るようになった。
※移籍の噂については後に本人が否定

2019-20シーズンにユベントスへ引き抜かれたサッリの後任としてランパードが監督に就任すると再び出場機会が増加。

ランパードの後任としてトゥヘルが招聘されると、更にポジショニングや判断のレベルが向上しチェルシーの守備の要と呼ばれるようにまでになった。

 

デンマーク代表

デンマーク代表にはU-16の頃から各年代の代表に選出されている。

A代表には2015年の19歳の頃に初選出され、モンテネグロ戦でA代表デビューを果たした。

代表ではCBの他、ボランチので出場することもあり、特にデビューから2018年頃まではボランチでの出場がメインだった。

2019年頃からCBでの起用が増え始めた。

2021年に開催されたユーロ 2020の代表メンバーにも選出されており、チームの決勝トーナメント進出に大きく貢献した。

 

 

 

アンドレアス・クリステンセンのプレースタイル

アンドレアス・クリステンセンはCBを主戦場としているプレーヤーだ。

 

プロデビューは右サイドバックであったが、後に3バックの一角にコンバートされた。

DFであればサイド・中央問わずプレー可能であるが、高さと強さを考えるとCBでのプレーが本職だろう。

ボランチの位置で出場経験もあり、代表に招集された初期の頃は主にボランチで出場していた。

スキルが高く器用なプレーヤーであるため、ボランチのタスクもそつなくこなす。

デビュー当時はどこか頼りない印象のあったクリステンセンだが、近年ではDFリーダーとしての風格も備わってきた。

 

アンドレアス・クリステンセンの特徴

アンドレアス・クリステンセンの特徴

  • 足元の技術

 

足元の技術

チェルシーのアカデミー出身なだけあり、足元のスキルは確かなものがある。

スキルの高さを買われ数試合だけだが、プロ入り後も中盤の位置でプレーしたことがある。

また代表ではボランチでプレーするなど、非常に高評価を得てることがわかる。

スキルに自身があるためか、相手のプレスに臆することなく冷静に対応できることも強みの一つ。

2017年にはペップがお気に入りの選手として名を上げたほど。

スキルが高いため常に顔を上げてプレーでき、視野を広く保つことができている。

そのため縦パスも非常に評価されており、プレッシャーの中でも鋭い縦パスを正確に通すことができている。

プロデビュー以降プレミアリーグでは常にパス成功率が90%を超えており、相手陣内でのプレーにおいても90%を超えるシーズンがあるなど、パス成功率も非常に高い

またロングボール成功率も70%を超えるシーズンがあるなど、長短ともにパス精度が高いのも魅力。

守備時だけでなく、攻撃時の組み立てにおいても非常に頼りになるプレーヤーだ。

 

 

 

アンドレアス・クリステンセンの今後

レンタル期間を経てチェルシーの主力に定着したクリステンセン。

強靭なフィジカルと足元の上手さからプレミア屈指のCBへと成長した。

近年伸びつつあるリーダーシップ面が今後も継続して伸びていけば、ワールドクラスへのプレーヤーと呼ばれるようになっていくだろう。

またチェルシー生え抜きのプレーヤーとして今後も活躍を続ければ、クラブレジェンドであるランパードのようにクラブを象徴する選手になる。

 

 

まとめ アンドレアス・クリステンセンに注目!

 

チェルシーのアカデミーで育成され、モウリーニョによってトップチームへと引き上げられたアンドレアス・クリステンセン。

トップチームでは出場機会を得られず、武者修行先のボルシアMGで成長を遂げた。

チェルシーに帰還後は、コンテによって重宝されたものの、サッリの下では出場機会を得られなかった。

続くランパードの下、再び出場機会を得ると、トゥヘルの下ではチェルシーのDFの中でも絶対的な存在になりつつある。

トゥヘルの下、ワールドクラスの選手になれるかどうか、注目しましょう!

 

アンドレアス・クリステンセンの着用スパイク

アンドレアス・クリステンセンの着用スパイクはコチラ!

 

 

DAZN

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FOOTBALL LAB

コメント