マンチェスター・ユナイテッド 注目選手

ラッシュフォードのプレースタイルを徹底解説!

マンチェスター・ユナイテッド生え抜きのエースであり、イングランド代表にも選出されているラッシュフォード。

ピッチ外の慈善活動でも注目を浴びる彼の経歴やプレースタイルを徹底解説していきます!

 

本記事のテーマ

    NEXTロナウド!ラッシュフォードの経歴やプレースタイルについて解説!

 

この記事はこんな疑問を持つ人にオススメ!

  • ユナイテッドのエースって誰?
  • ラッシュフォードのプレースタイルを知りたい
  • ユナイテッドではどう使われるの?

 

ポイ勝つしてスポーツをより楽しみませんか?

スポーツ道具が高くて買えない(・_・;)
何年も同じ道具を使っている(T_T)
ポイ活に興味がある!

そんなあなたに朗報!


手軽に始められて、お得に暗号資産を手に入れれる神アプリをご紹介します!


な、なんと!このアプリ、暗号通貨を毎日1枚無料で手に入れることができます!


必要なのは紹介の無料登録だけ!完全紹介制のなのでここでしか始められません!


是非この機会に、Hi Dollarsに登録しよう!


Hi dollards(ハイダラーズ)とは?仮想通貨マイニングでお得に小遣い稼ぎ!
こんにちは、FOOTBALL LABです。困る人「欲しいスパイクが高くて買えない」悩む人「簡単にお小遣いを稼ぎたいなぁ」このような悩みを抱えている方も多いでしょう。本記事ではそんな方に向けて、簡単に...

 

 

マーカス・ラッシュフォードのプロフィール

    生年月日 : 1997年10月31日
    出身   : イングランド ウィゼンショー
    身長   : 186cm
    体重   : 70kg
    ポジション: FW/WG
    所属   : マンチェスターユナイテッド
    代表歴  : イングランド代表

 

ラッシュフォードには2021年まで15歳の頃から交際していたガールフレンドがいた。

ラッシュフォードの慈善事業にもPR担当として尽力し、公私ともに良きパートナーであった。

しかし世界的パンデミックが原因のすれ違いによって破局してしまったようだ。

 

 

ユース時代

ジャマイカ人の父とカリブ海の島国で生まれ育った母の間に生まれたラッシュフォード。

幼い頃は貧しい家庭環境ながらサッカーに夢中になり、庭や家の中で常にボール触っている少年時代を過ごしたようです。

6歳になる頃には地元のサッカースクールに加入しキャリアをスタート。驚くべきことに、彼の最初のポジションはゴールキーパーであったようだ。

7歳の時にマンチェスターユナイテッドのアカデミーに加入

アカデミーではフォスメンサーやトゥアンゼベを初めてする同期や先輩に当たるポグバ、リンガードなど錚々たるメンバーの中でプレーしていた。

豪華なメンツの中で多くを吸収し成長した結果、2015年にトップチームデビューを果たすことになる。

 

マンチェスター・ユナイテッド時代

2015-16シーズンのEL決勝トーナメント1回銭でトップチームデビューを果たし、デビュー戦で2ゴールをあげる活躍を見せた。

2018-19シーズンには退団したルーニーに代わり背番号10を背負うことが発表され、またシーズンの終わりには契約を2023年まで延長されることが発表された。

翌19-20シーズンではチーム最多17ゴールを決め名実共にユナイテッドのエースに成長した。

2020-21シーズンには自信最多となるリーグ戦37試合に出場するも、ややコンディションが整わない時期もあり、ゴール数は11と昨シーズンよりも減少している。

2021-22シーズンはクリスティアーノ・ロナウドやサンチョらの加入に加え、自身の怪我の影響で出遅れ定位置を失ってしまった。

 

イングランド代表

世代別代表にはU-16~21まで招集されており、2016年にはEURO 2016を戦うメンバーの候補に初選出。

その年のオーストラリア代表との親善試合で、デビュー戦にして当時の史上最年少記録となる得点を決める活躍をした。

その後代表に定着し、2018年ワールドカップロシア大会に登録メンバーに選ばれました。

ワールドカップでは活躍できませんでしたが、今後のイングランド代表を背負って立つ存在です。

 

マーカス・ラッシュフォードのプレースタイル

ラッシュフォードは左WGを主戦場としている。

WGの他、ユナイテッドでは主に2トップの一角または3トップの真ん中oなどで出場することもある。

モウリーニョ〜スールシャール政権下のユナイテッドでは、左サイドで攻撃を組み立てることが多かった。

そのためボールの持てるラッシュフォードを左WGもしくは中央に配置し、やや左寄りでプレーさせていた。

スールシャール時代にはラッシュフォードのロナウド化を計画していたようで、ロナウドと同じトレーニングメニューを消化させていたこともあったようだ。

実際に行っていたかどうかの真偽は不明だが、トレーニングの効果は現れており、ドリブルやFKの質は年々向上している。

 

マーカス・ラッシュフォードの特徴

  • スピード感溢れるドリブル
  • 決定力の高さ
  • 無回転FK

 

スピード感溢れるドリブル

ラッシュフォードの魅力は何と行ってもこのスピードに乗ったドリブルにあると思います。

スピードの緩急だけで抜き去ったり、跨ぎフェイントを使用したり。

最近は若かりし頃のクリロナのようになってきました。

デビュー当時は線が細い印象がありましたが、最近ではフィジカルも強化されており、見た目もかなりゴツくなっているように感じます。

またカットインからのシュートも得意としており、スピードで縦に抜けた後にカットインしてシュートを狙うシーンがよくみられました。

ラッシュフォード自身、クリロナを意識してプレーしているようですね。

  

決定力の高さ

ラッシュフォードの決定力は比較的高い方ですが、何よりも決定力の向上が素晴らしい。

デビューした2015/16シーズンは11試合で5得点決め上々のスタートを切りましたが、翌2016/17シーズンは32試合出場して同じく5得点と少し残念な結果に。

2017/18シーズンも35試合出場するものの、7得点とわずかに上々しましたがユナイテッドのFWとしては物足りない結果に。

しかしスールシャールが就任してポジションを左WGに移してからは決定力も向上し、2019/20シーズンではチーム最多17ゴールを決めるまでに成長しました。

まだまだ発展途上の選手。

このまま成長していけば、クリロナ並の決定力を備えるかもしれません

 

無回転FK

近年は無回転FKの名手としても、注目されるようになってきした。

チェルシー戦で決めたFKがこれ!

 

ユナイテッドにはラッシュフォード意外にもポグバやブルーノフェルナンデス、などFKの名手がたくさんいます。

FKの決定力はまだまだですがこのままスキルが向上すれば、ユナイテッドにとって大きな武器になるでしょう。

 

まとめ ラッシュフォードはユナイテッドのエース

ユナイテッドの下部組織からエースにまで成長したラッシュフォード。

今後もさらに成長していき、ロナウドのようになることが出来るのかどうか注目です!

ラッシュフォードのプレーを見るには?

ラッシュフォードがプレーするプレミアリーグは現在DAZNの独占配信となっている。


その他のチャンネルでは視聴することが出来ないので要注意だ。


DAZNは初月無料で2ヶ月目以降は月額1,925円。


約2千円でプレミアだけでなく、セリアAやリーガなども見放題となっているお得なプランだ。


是非この機会に、DAZNに加入しよう!


DAZN

\TRY NOW!/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FOOTBALL LAB

コメント